ライフスタイルに合わせた一戸建て住宅

二世帯住宅

親御さん世代とお子さん世帯で一緒に暮らすことができるのが二世帯住宅です。二世帯住宅には主に3パターンの間取りがあります。

まず1つ目は完全同居型の間取りです。必要な寝室を設けるだけで、その他の全ての部分は共有するタイプになります。完全同居型の間取りにすることで家族の交流の時間が増える、大家族の雰囲気を味わうことができるなどのメリットがありますが、生活時間帯が異なるとお互いに気を使うことも増えるのでストレスになる可能性もあります。

2つ目は玄関や浴室などの設備は共有しながら、それぞれの世帯で生活するスペースを分ける部分共用型の間取りです。生活時間帯が異なる、適度にプライバシーを保ちたいという場合におすすめの間取りであり、共用する部分を増やすことで建築にかかるコストを抑えることもできます。2階建てであれば1階部分、2階部分でそれぞれの世帯で分けることもできますし、平屋の場合は左右に振り分けることが多いです。

3つ目は完全分離型の間取りです。同じ建物の中で完全に別の世帯として暮らす間取りがこのタイプです。暮らしを全て完全に分けることができるので、側にいてもお互いを干渉せずに暮らすことができます。ただしデメリットとしては建築のコストが他の二世帯住宅のタイプに比べるとかかり、ほぼ2軒分の費用がかかることがほとんどです。