ライフスタイルに合わせた一戸建て住宅

平屋

一戸建てを建てる際になんとなくイメージするのは2階建てという人も多いのではないでしょうか。ですが1つの世帯の人数が減ってきたことで、より暮らしやすい空間を求めて平屋造りの住宅を建てる人が増えてきています。

平屋は同じフロアの中に全ての生活スペースが収まっています。このことから家族間で顔を合わせる機会が多く、家族間のコミュニケーションが取りやすいのがメリットです。また2階建ての建物に比べると構造的に安定しやすい特徴があります。地震が頻繁に起こる日本では住宅の耐震対策は必要不可欠ですが、耐震を考える際に重要な建物の重量は2階建てよりも平屋の方が重たいため地震に強い住居をつくることができます。この他にも階段部分のスペースを有効活用することができる、メンテナンスの費用を抑えることができる、階段がないことでバリアフリーに対応しやすくなり、老後も安心して暮らすことができるなどのメリットがあります。

デメリットとしては平屋を建てる際の費用です。平屋を建てる場合は工事にかかる坪単価が高くなる傾向にあります。2階建てと比べると基礎部分の面積が平屋の方が広くなるからです。屋根に関しても平屋の方が大きくなるためその分だけ費用はかさむことになります。また部屋数を増やすには、それだけ広い土地が必要になります。2階建てであれば下と上に分けて部屋数を増やすことができますが、平屋の場合は同じフロア内に部屋を作ることになるので土地の広さも重要になってきます。